ホーム » 2019 » 9月

月別アーカイブ: 9月 2019

好きになってしまった人妻

出会いが有れば別れがあり、出会いと別れは表裏一体で、二律背反の関係にあると言って良い。今回は、そんな出会いと別れの相手が、たまたま好きになってしまった人妻であったと言うお話しです。

初めてその人妻エマと出会ったのは、会社の先輩に紹介されたスナック来夢でした。私は当時、27歳でした。

私は、大学卒業後、最初に就職した会社が、サービス残業が常態化していたブラック企業で、その会社を辞めて、新しい今の大企業に転職したばかりでした。ある日、まだ慣れない業務を日々こなしている中で、疲れていた私を先輩が誘って下さったのです。優しい先輩でした。先輩はその時すでに定年間際で、現在はもう定年退職されました。そして、誘ってもらった先輩いきつけのスナック来夢で、私は人妻エマと出会ったのです。

可愛い人妻エマは元々、そのスナックのママの娘の友達で、お小遣い稼ぎでお手伝いをしているとのことで、当時22歳でした。そんな若いにもかかわらず、高校時代から付き合っていた彼氏と、一年前に結婚したとのことでした。とても明るくて可愛らしい太陽のような女性でした。そんなエマを、私は好きになってしまいました。

当然、エマは人妻ですから、もしもエマと関係を持てば、不倫になるわけで、倫理上、決して良いことではないことは重々承知のことでした。でもそんな常識なんて、その時の私にはもうどうでもよかった。ただただ、純粋にエマを好きになってしまった。それだけのことでした。
その後、エマに会うことが生きがいになり、何度もスナックに通い詰めました。まさに今はセフレ時代といった感じでした。

とにかくエマと一緒に歌を唄ったり、お酒を飲んだり、会話をしている時が幸せで、理屈ではどうにも理解出来ないほど、体が熱くなっていました。
通い始めてから約半年後、エマに冗談半分で、週末に箱根でもドライブしてみないか?聞いてみました。そしたら、回答は驚きのOKでした。どうせ無理だと勝手に思い込んでいたので、嬉しさと困惑が入り乱れました。とにかく週末、ドライブに出掛けることになりました。

そして、待ちに待ったドライブの日が来ました。好きになってしまった人妻エマを私の愛車パジェロの助手席に乗せて、二人きりで箱根や富士山周辺をドライブしました。大涌谷で温泉玉子や芦ノ湖遊覧船、最後は夜の富士急ハイランドまで、もう可愛い過ぎて、車の中で抱きしめて、キスしてしまいました。でも少しだけ、やっぱり人妻なんだと思うと、罪悪感と寂しさが湧き出ました。

そして、夜も遅くなった帰宅途中、彼女にまたドライブしたいと話しました。少なからず、下心もありました。でも、彼女から衝撃の言葉が出たのです。
実は、わたし、主人の会社の都合で、関西支社に異動になり、私も一緒に行くことになったので、もう会えないよ。寂しいけど、今までありがとうございました。お元気でいてください。さよなら。

人妻エマを忘れられない。出来ればダメと分かっていても抱きたかった。
この後、私はエマとよく似た女性と出会い結婚し、今では2児のパパです。やっぱり不倫はダメだけど、どうにもならない時もあると言うことを知りました。

女性ドライバーの転職について

女性ドライバーの方で車の運転が好きな方に向けた転職先としては女性タクシードライバーのお仕事があります。女性がタクシードライバーとして活躍できる場所としてはタクシーは接客業でもあり、お客様を安全に目的地に送り届けることが主であるからです。時代も変わり、現在は女性タクシードライバーは積極的に採用されているのが現状です。

その為、現在では男性に変わり女性歓迎しているタクシー会社も求人としてあります。求人に際しましては、タクシーの資格を取得する必要があり、前提としては普通乗用車の免許を取得していることが会社に入社できる条件となります。タクシードライバーになるためには原則として約2週間の実習期間があり、タクシー会社がそのの普通自動車二種免許の取得をサポートします。

その為、女性に限らず男性でも、試験期間を終えてから、晴れてタクシードライバへと転職することができます。なお、女性でも働きやすいとされる理由ですが、タクシードライバーはの普通自動車二種免許を取得した際、運賃の取得を伴う仕事を過去にしていたとみなされるため、業務経験者であるとみられるために女性であっても採用されやすいのです。

しかも、これからオリンピックの開催もあり、旅行客の増加も伴いますので、人手が足りていないという状況下でもあります。その為、企業はの普通自動車二種免許を取得している方が女性であっても男性であっても積極採用をします。

タクシー会社においてお給料が上がる要因としては景気が主にお給料が上がる要因となります。つまりこれから始まるオリンピックの期間中においてはお給料が高給となる可能性は高いです。しかもタクシーは、会社にもよりますが歩合制です。

つまり、たくさんの距離を走りたくさんのお客さんを乗せたりしてもお給料が上がりますし、短距離を繰り替えてして数を増やしてもお灸栄耀は上がります。その為、必要となることは、お客様を安全に目的地に送り届けることと、人当たりの良さです。

お客様の中には、目的地に着くまでの間、会話をなさる方もいます。その際、話しやすい人柄であることも女性ドライバーが活躍する上でプラスとなることも多いです。女性ゆえに話しやすいことですとか、相手のタクシー利用客のお客様も女性であるが故話しやすい会話というものがあります。この目的地に着くまでの間、話しやすいもしくは、会話が弾みやすい点においても女性が活躍する場所としてタクシー会社が挙げられます。

本当に出会えた一夜限りの体験

工場が都市郊外から、地方に移転し、私を含めて多くの同僚や後輩が単身赴任をする事になりました。
単身赴任でも、仲間がいるので、それなりに一緒に食事をしたり、飲み会を行ったりして、それなりに楽しく過ごせていました。
しかし、やはり家族と離れる辛さと、妻と夜を共にする機会が激減した事が皆のストレスになっていました。酒を酌み交わしていると、時々夜の寂しさが話題となります。
そんなある夜、仲間の一人が、出会い系で毎週お決まりのセックスを楽しむ女をついにゲットした話を自慢げに話したのです。
仲間の多くは、そんな話は作り話だ、出会い系でこんな田舎の近くで相手を見つける事などできないはずだとか、出会い系には桜が多く、実際に出会える事等ほとんどないと聞くと、その仲間の話を取り合いませんでした。
私もその仲間の一夜限りの体験談は、作り話か真実が半信半疑の気持ちでした。
しかし、本当にそうした出会いが出来るなら、一度は経験してみたいとも考えました。
そこで仲間には内緒で、ある出会い系に登録しました。しかしメールでのやり取りは何回かできましたが、仲間の誰かが言っていた様に、単身赴任先が田舎町で、実際に合うには遥か遠方の女性ばかりでした。
やはりあの話は作り話だったのだと、諦めかけた時、車で2時間弱の所に暮らしていると言う女性が現れ、何度かやり取りをして、中間地点にあたる田舎町で実際に合う事になりました。
県道沿いの喫茶店で落ち合い、初めて会う事に成功しました。お互いに軽く話し、品定めをし、その後はラブホに直行しました。
それでも、まだ実際にこんな出会いが出来た事は半信半疑でした。
しかし、ラブホの部屋で彼女の服を脱がし、豊満な乳房を揉みしだき、舌を滑らせると、それが現実だと言う事を改めて感じました。
そして妻と御無沙汰している事もあり、舌を下腹部に滑らせ、クンニで彼女攻めたて、次に彼女のフェラを受けました。
反り返った亀頭に舌を巻き付けるように舐めるしぐさは経験豊富な女性出る事を感じさせました。
爆発しそうにそそり立った私のものを見て、彼女は私を跨ぎ、自分の花芯にゆっくりと私のものを納めました。
それからは、激しいエッチを延々と続けました。夜が白む頃に二人は自分の事も語らず、連絡先を交換する事もなく、そのラブホを後にしました。
あわよくばセフレにしたいとふと思いましたが、それでは妻を裏切ると考え、一夜限りの関係で終わりました。
あの夜の仲間の話は、現実にあったのです。しかし、私は私自身の一夜の体験談を語る事はなく、胸の奥にしまっています。

不安なくやれるタクシー転職

タクシーに乗るのはいいが、自分が運転する側になる、つまりタクシードライバーになるのだけは無理と思っている人たちは少なくありません。それは方向音痴で、道路事情もよくわからないし、そもそも人を乗せてお金をもらえるほど運転が上手くない、道に迷ってしまったらどうしよう、いつも運転ばかりする仕事には自分は向いていない、そんな風に思ってしまうのでしょう。ですが、実際にやってみると、それほど難しくないことに気がつくに違いありません。それに女性のタクシードライバーが増えていますし、最近は若い人たちも、こうした業界で働いているのです。それでタクシーへの転職をする人たちが増えており、この業界はイメージアップを図っています。

タクシーの会社は都心部を中心にかなりの数になります。タクシー運転手に転職するなら「東京都」の大手7社が安心です。特に東京や大阪といった都市部では仕事量が多く、常に求人の募集を出している状態です。観光客、特に外国からの旅行者が急増し、それに応じてタクシーのニーズも増えています。そして初乗り料金の改定により、タクシーがより身近になり、利用しやすくなってきているという部分もあります。

タクシー転職に関して、不安と感じるものがあるのであれば、それを1つずつ取り除いていくことが良いかもしれません。例えば方向音痴な部分があり、お客からここに行きたいと言われても、どこかわからない、そんな不安を持っているのであれば、タクシーにはカーナビが設置されていることを理解すべきです。場所がわからなければ、カーナビを使って誘導してもらえばいいのであり、どこにだって行くことが可能です。精度のよいカーナビなので、その点では問題ありません。

またいつも運転ばかりすることには抵抗があるという人には、確かにタクシーはそうですが、トラック配達のように、なにか重いものを運ぶわけではありませんし、荷下ろしや積み込みといえば、トランクに入るスーツケースくらいです。そしてタクシーの車がとてもいいので、乗り心地がよく快適です。エアコンの効いた車内は、夏でも冬でも落ち着きがあり、居心地がいいです。ですからタクシー転職は、やってみる価値がありますし、稼ぎも普通のサラリーマンよりははるかに良いので魅力たっぷりです。