ホーム » 2019 » 7月

月別アーカイブ: 7月 2019

静かな朝

いつもより早く起きた。とはいっても、すでに太陽は昇っていた。仕事に行くまでにまだ時間があるから、パジャマのまま外に出てみた。さっきまで見ていた夢のことを考えていたのだが、たしか綺麗な女優さんとデートをして、それから…ダメだ思い出せない。

ふと、外に目をやるといつもは走っているはずの車がいなくて、いつもは遅刻しまいと急いで準備する自分もそこにはいなかった。まるでこの世界に自分ひとりになったみたい、とまでは言わないが、その静けさが妙に心地よい朝だった。

時間に余裕をもって準備をして、会社に向かった。いつもなら気にもとめない近所の喫茶店、中では朝からお店の人が忙しそうだ。会社について、いつもより時間に余裕があるので、会社の事務所を掃除した。仕事中も、仲間を気遣う余裕があった。

仕事も順調にいき、あっという間に帰る時間になっていた。いつもと同じ仕事をこなしたはずなのに、なんとなくまだ元気で、帰りが遅くなる母のために夕飯を作った。母親が帰ってきて、私の作った夕飯を嬉しそう食べてくれと、それだけで何だか特別な日のような気がしてきた。大きな出来事はなかったけど、明日も頑張れる気がした。

タクシー運転手求人について

タクシーの運転手の職場は、運転免許が必要で、そのほかは特に資格などはありません。お客様の意向に合わせて、お客様を運ぶという、とてま大切なお仕事で、運転手になりたい、という志望で結構人気のあるお仕事です。 求人も割と多いです。

特に、定年退職前後くらいの年齢の方から人気がある仕事で、もう何十年も車を運転しているから、とか、生まれてずっと住んでいる町だから、土地勘もあるし、お客様がよく探されている建物や、美味しい店など、たくさん知っているから、とかで、ドライバーとして働くことを希望される方はとても多いです。一昔前までは、男性ドライバーが多い仕事場でしたが、最近では女性ドライバーもたくさんいるし、若い方も沢山います。

これからタクシードライバーを目指す方で転職に不安な人はぜひ一度タクシーの転職で不安な方へという記事を読んでいただきたいですね。

男性ドライバーは、もちろんのこと、最近は若い女性からも人気がある理由の一つとして、若い女性も、昔より沢山タクシーを利用することが増えたことにあります。また、彼女たちは、男性ドライバーの車に少し不安や抵抗があると言ったことから、女性ドライバー探す傾向にある人がとても多いです。

子供の送り迎えや、自身の登校、出勤など、あらゆるさまざまなシーンで使うには、とても便利だという声がよく上がってきます。また最近流行りで、利用者からかなり評判になっているのが、陣痛タクシーというものなのですが、陣痛が来たら、タクシーを呼んで、病院まで運んでもらう、というシステムです。事前登録などとしていますし、またドライバーも、もし破水など、妊娠に対するさまざまな問題が起きたとしても、きちんと対応できるように、訓練を行っていますし、丁寧迅速な対応が出来るので、そのような種類の仕事もあります。

この仕事をする上で、お客様との挨拶から始まり、荷物を運んであげたり、またお客様のお望み通りにきちんと目的地まで連れて行ってあげるのは、とてもやりがいのある仕事です。また、車内で、たくさんの世間話をしたり、ゆっくりされるお客様のために、運転をなるべく滑らかにしてみたりと、人によって対応を少しずつ合わせたりと、少し難しいと感じる部分もありますが、一喜一憂を大変よく実感できる仕事で、毎回毎回が新鮮で、かなりやりがいのある仕事だと感じています。

町内子供会夏祭りを開催しました!

先日、諸事情で何年も開催されなかった町内の子供会、夏祭りが開催されました。町内会、子供会を始め、PTAの協力のもとに小学校を夏祭り会場としてお借りしての夏祭り。
企画、運営も全てが初めてずくしでしたので、混乱や不手際も多かったように思いましたが、一方で、人手不足を補うため中学生の応援などは大変頼もしく、助かりました。
当日は酷暑の炎天下の中での設営作業は、慣れない方々にはしんどい作業になったことと思います。いろいろありましたが、それでも夏祭り自体は、子供たちに大変喜んでもらえたと思います。
撤収作業は設営以上に難儀することとなりました。設営時に借りたものを元の場所に戻すという、ごく当たり前のことに気が回らなかったのか、返却場所がわからない、どこから持ってきたものかわからない状態となりました。自分自身は役員でもなんでもない、ただの手伝いでしたので口を出す訳にはいきませんでしたが、仕事でイベント出展などをする事が多いので、あり得ないミスや対応を多々見ました。改めて普段の手際をある意味で確認する事が出来ました。

お世話になった司法書士

私は、最近自分自身の借金の多重債務問題を解決するべく福岡にある司法書士事務所を訪れました。ネットでは、借金の多重債務というのは、過払いを含めて司法書士にお願いすれば、借金の金利と額を大幅に減らすことができると謳われていました。これまで、私はうまい話にはすぐに飛びついてその中で必ずと言って良いほど焦ってババを引く悪しき性格的傾向を持つ私でした。

今回の債務整理を行う際には、こうした自分自身の性格的特徴を認識して臨もうと思いました。雑多に溢れたネットの債務整理に関する全国の司法書士の情報。これは今までの私なら間違いなくババを引きそうな内容でした。

1件目に問い合わせた東京の司法書士事務所は非常にテキパキと電話口から債務整理の話を進めてきました。私は、やや圧倒されながら電話口の女性の受付の女性の質問に応えてしまい、気付けばその司法書士事務所からすでに送付された契約書に必要事項を明記し、その書類を送り返し後は司法書士に支払う報酬費用を払うだけというところまで追い込まれていました。私は、あまりの手際の良さに疑問を抱き最後の司法書士との面談をそそくさとキャンセルして、全国の債務整理を行う司法書士事務所のサイトを調べてみることにしました。

案の定、1件目に問い合わせた司法書士事務所の提示する報酬費用は割高な方で、債務整理に行う1社あたりの報酬額は7万円とありましたが、「格安 多重債務整理」と検索ワードを変えてネットで調べてみると最安値は1社2万円と書いてありました。今回債務整理を行う会社が4社で、7万円で行うのと2万円で行うのは明らかに大きな開きが生まれました。(28万円と8万円の違いです)

私は、慌てて一呼吸をおいて報酬費用が1社2万円の東京の司法書士事務所に問い合わせると、出張費用をさらに交通費を含めて4万円請求されると伺いました。前置きが長くなりましたが、1社目2社目の司法書士事務所を私なりにうまくスルーして3社目の地元福岡にある債務整理の費用が1件3万円、さらに追加請求費用無しの司法書士事務所に私自身の債務整理をお願いすることに致しました。

今回の債務整理に関する司法書士事務所選びは、私としてはうまくゆきました。東京都中央区の司法書士も地元福岡の司法書士もよいところはたくさんあると思います。自分自身の性格的特徴を踏まえ熱くならずにネットで検索することで正解に導くことができたようでした。

東京のイベントに参加するためにチケットを予約した

東京に参加したいイベントがあり、それに行こうかどうか悩んだのですが、最近は仕事の調子が良いので金銭面からは行っても大丈夫かと思い行くことにしました。
それに最近はずっと家に閉じこもり切りなので出かけるのに良い機会だとも思いました。
日帰りで高速バスで往復することにし、楽天トラベルで予約します。
以前高速バスをどこで予約したのか忘れましたが楽天トラベルではなかったはずですが、今は楽天系のサービスでポイントを貯めることにしているので楽天トラベル一択なのでした。
それからイベントのチケットを予約するのですが、当日券と前日券の差額は200円程度なので当日券でもいいかと最初は思います。
しかし、今までチケットの予約なんてしたことがなかったのでいい機会だとやってみると簡単にできました。
ローソンの予約サイトで予約をし、後日予約番号をローソン店舗にある機械に入れ、出て来た紙をレジに持って行き会計をして終了です。
チケットを無事ゲットできたので当日は忘れないようにしなくてはいけません。
イベントに行く日がとても楽しみです。

プリウスの買取を考え始めて行動に移してみることに

トヨタのプリウスといえば、とにかく人気のある車種のひとつですよね。
そんな人気のある車種のひとつであるトヨタのプリウスに乗り続けていたのですが、そろそろ違う車に乗りかえたいなと思い、思い切ってプリウス買取にだそうと考え始めました。
実は車を買取に出すこと自体がそもそも初めてなので、本当に自分でできるのだろうかと心配な部分もあったのですが、とりあえずまずは、下取り査定をしてもらうことにしました。
下取り査定は、いくつかの車買取店にお願いして比較してみるのがいいよということも教えてもらったことがあるので、早速いくつかの車買取店にお願いしてみることにしました。
ちなみに今回私が買取に出そうとしているプリウスは、大きい方のプリウス・・・いわゆるプリウスαではなく、普通のプリウスです。
5年落ち、7年落ち、10年落ち・・・というように、年によってやっぱり査定額には違いが出てくるようなのですが、これはやっぱりまぁ、当然ですよね。
結構長く乗り続けていたので、事故ったことはないのですがこの部分で査定額に響くのはある意味仕方のないことかなぁと思っているのですが、やっぱりそれでも少しでも高い査定額で買取を済ませたいという気持ちがあるので、自分なりに納得することができる査定額で買取してもらうことを目標に頑張るつもりです。こう言う風に話していくと、本当に自分が買取というよりも車のこと自体に全然詳しくないド素人であるということがよくわかるのですが、それでもド素人なりにしっかりと相場なども調べて頑張って行動する予定です。
今は便利な事態で、ネットでちょっと調べれば相場も把握することができるので、とてもいいですよね。
まぁもちろん相場はあくまで相場ですから、確実にこれ!というわけでもなく、買取にだそうとしているプリウスの状態が最も肝心なのですが・・・。
ちなみに距離数は6万キロちょいといったところなので、まだまだ買取をしてもらう上では、そこまで悪い状況ではないと思っています。
自分が日常で乗っていたプリウスを手放すのはちょっと寂しい気持ちもありますが、しっかりと納得のいく買取をして、プリウスを手放したいと思います。

参考記事:プリウスの買取り価格と査定相場~5年落ちと10年落ちの事例でみる下取り価格との比較

久しぶりに両親と会うために実家に行くことに!

ここ最近仕事が忙しくて、両親となかなか会えませんでした。
そのため、久しぶりに思い切って仕事が落ち着いたら、長期休暇を取って実家に行く予定を立てたんです。
もちろん目的は、両親と会うためですよ!
久しぶりなので、ちょっと実家に帰るのもワクワクした気持ちがあるんですけど、そんな自分よりも両親の方がなんだか電話越しでワクワクしているのが伝わってきたので、なんか嬉しい気持ちになりました。
なんだかんだ、自分も年齢を重ねていくのと同時に両親も年齢を同じように重ねていくわけで・・・。
これを考えるとなんかすごいたまに切ない気持ちになるので、やっぱり会えるうちはできる限り両親と会えるようにしたいなと思っています。
もちろん、なんだかんだこうやって親孝行的な話をしていても、実際に両親と会うと何となく恥ずかしくてこう言う気持ちを伝えることはできないんですけどね。
この久しぶりに両親に会う時に渡すプレゼントをこれから購入して、帰宅します。