ホーム » 仕事

仕事」カテゴリーアーカイブ

不安なくやれるタクシー転職

タクシーに乗るのはいいが、自分が運転する側になる、つまりタクシードライバーになるのだけは無理と思っている人たちは少なくありません。それは方向音痴で、道路事情もよくわからないし、そもそも人を乗せてお金をもらえるほど運転が上手くない、道に迷ってしまったらどうしよう、いつも運転ばかりする仕事には自分は向いていない、そんな風に思ってしまうのでしょう。ですが、実際にやってみると、それほど難しくないことに気がつくに違いありません。それに女性のタクシードライバーが増えていますし、最近は若い人たちも、こうした業界で働いているのです。それでタクシーへの転職をする人たちが増えており、この業界はイメージアップを図っています。

タクシーの会社は都心部を中心にかなりの数になります。タクシー運転手に転職するなら「東京都」の大手7社が安心です。特に東京や大阪といった都市部では仕事量が多く、常に求人の募集を出している状態です。観光客、特に外国からの旅行者が急増し、それに応じてタクシーのニーズも増えています。そして初乗り料金の改定により、タクシーがより身近になり、利用しやすくなってきているという部分もあります。

タクシー転職に関して、不安と感じるものがあるのであれば、それを1つずつ取り除いていくことが良いかもしれません。例えば方向音痴な部分があり、お客からここに行きたいと言われても、どこかわからない、そんな不安を持っているのであれば、タクシーにはカーナビが設置されていることを理解すべきです。場所がわからなければ、カーナビを使って誘導してもらえばいいのであり、どこにだって行くことが可能です。精度のよいカーナビなので、その点では問題ありません。

またいつも運転ばかりすることには抵抗があるという人には、確かにタクシーはそうですが、トラック配達のように、なにか重いものを運ぶわけではありませんし、荷下ろしや積み込みといえば、トランクに入るスーツケースくらいです。そしてタクシーの車がとてもいいので、乗り心地がよく快適です。エアコンの効いた車内は、夏でも冬でも落ち着きがあり、居心地がいいです。ですからタクシー転職は、やってみる価値がありますし、稼ぎも普通のサラリーマンよりははるかに良いので魅力たっぷりです。

外国人大学生がアルバイトをする為にビザが必要なのか?

皆さんはビザというものをご存知でしょうか?
日本に長期的に滞在されている方であれば間違いなく持っていらっしゃるのが「ビザ」です。

ビザが無ければ外国人が観光以外の目的で日本に長期滞在することは出来ません。
もし、ビザを持たずに外国人が日本に長期滞在していることが分かれば1年以内の懲役または20万円以下の罰金の罰則に処せられる可能性が
あります。

では、就労目的で来日される外国の方はもちろん就労ビザというのをお持ちになられているでしょうが、留学するために日本に来られている学生さんはどんなビザをお持ちなのでしょうか?
それは留学ビザです。
留学するためだけの資格が与えられます。

【留学生は働いたらいけないのか?】
「留学生でも仕事をしたい」と思われる方がいらっしゃるかもしれません。
留学生の持つ留学ビザでは仕事をすることが出来ません。
留学ビザから就労ビザに作り替える必要があるのです。

では、留学生はアルバイトもしてはいけないのでしょうか?
実はそんなことは無いのです。
留学生の持つ留学ビザでは「資格外活動許可」というものを取得することで一週間で28時間のアルバイトをすることが可能です。

学生生活だけではなく、日本の文化を知ってもらう為にも日本でアルバイトの経験をしてもらう事は非常にメリットがあると思います。
また、日本は空前の労働者不足です。
留学ビザを持っている外国人留学生はまさに「働き手」として重宝されること間違いありません。

【まとめ】
日本に留学に来られている学生さんや、今から日本に留学しようとしている
外国人留学生の皆さんは是非日本でのアルバイトを経験されてみてはいかがでしょうか?

タクシー運転手求人について

タクシーの運転手の職場は、運転免許が必要で、そのほかは特に資格などはありません。お客様の意向に合わせて、お客様を運ぶという、とてま大切なお仕事で、運転手になりたい、という志望で結構人気のあるお仕事です。 求人も割と多いです。

特に、定年退職前後くらいの年齢の方から人気がある仕事で、もう何十年も車を運転しているから、とか、生まれてずっと住んでいる町だから、土地勘もあるし、お客様がよく探されている建物や、美味しい店など、たくさん知っているから、とかで、ドライバーとして働くことを希望される方はとても多いです。一昔前までは、男性ドライバーが多い仕事場でしたが、最近では女性ドライバーもたくさんいるし、若い方も沢山います。

これからタクシードライバーを目指す方で転職に不安な人はぜひ一度タクシーの転職で不安な方へという記事を読んでいただきたいですね。

男性ドライバーは、もちろんのこと、最近は若い女性からも人気がある理由の一つとして、若い女性も、昔より沢山タクシーを利用することが増えたことにあります。また、彼女たちは、男性ドライバーの車に少し不安や抵抗があると言ったことから、女性ドライバー探す傾向にある人がとても多いです。

子供の送り迎えや、自身の登校、出勤など、あらゆるさまざまなシーンで使うには、とても便利だという声がよく上がってきます。また最近流行りで、利用者からかなり評判になっているのが、陣痛タクシーというものなのですが、陣痛が来たら、タクシーを呼んで、病院まで運んでもらう、というシステムです。事前登録などとしていますし、またドライバーも、もし破水など、妊娠に対するさまざまな問題が起きたとしても、きちんと対応できるように、訓練を行っていますし、丁寧迅速な対応が出来るので、そのような種類の仕事もあります。

この仕事をする上で、お客様との挨拶から始まり、荷物を運んであげたり、またお客様のお望み通りにきちんと目的地まで連れて行ってあげるのは、とてもやりがいのある仕事です。また、車内で、たくさんの世間話をしたり、ゆっくりされるお客様のために、運転をなるべく滑らかにしてみたりと、人によって対応を少しずつ合わせたりと、少し難しいと感じる部分もありますが、一喜一憂を大変よく実感できる仕事で、毎回毎回が新鮮で、かなりやりがいのある仕事だと感じています。

お世話になった司法書士

私は、最近自分自身の借金の多重債務問題を解決するべく福岡にある司法書士事務所を訪れました。ネットでは、借金の多重債務というのは、過払いを含めて司法書士にお願いすれば、借金の金利と額を大幅に減らすことができると謳われていました。これまで、私はうまい話にはすぐに飛びついてその中で必ずと言って良いほど焦ってババを引く悪しき性格的傾向を持つ私でした。

今回の債務整理を行う際には、こうした自分自身の性格的特徴を認識して臨もうと思いました。雑多に溢れたネットの債務整理に関する全国の司法書士の情報。これは今までの私なら間違いなくババを引きそうな内容でした。

1件目に問い合わせた東京の司法書士事務所は非常にテキパキと電話口から債務整理の話を進めてきました。私は、やや圧倒されながら電話口の女性の受付の女性の質問に応えてしまい、気付けばその司法書士事務所からすでに送付された契約書に必要事項を明記し、その書類を送り返し後は司法書士に支払う報酬費用を払うだけというところまで追い込まれていました。私は、あまりの手際の良さに疑問を抱き最後の司法書士との面談をそそくさとキャンセルして、全国の債務整理を行う司法書士事務所のサイトを調べてみることにしました。

案の定、1件目に問い合わせた司法書士事務所の提示する報酬費用は割高な方で、債務整理に行う1社あたりの報酬額は7万円とありましたが、「格安 多重債務整理」と検索ワードを変えてネットで調べてみると最安値は1社2万円と書いてありました。今回債務整理を行う会社が4社で、7万円で行うのと2万円で行うのは明らかに大きな開きが生まれました。(28万円と8万円の違いです)

私は、慌てて一呼吸をおいて報酬費用が1社2万円の東京の司法書士事務所に問い合わせると、出張費用をさらに交通費を含めて4万円請求されると伺いました。前置きが長くなりましたが、1社目2社目の司法書士事務所を私なりにうまくスルーして3社目の地元福岡にある債務整理の費用が1件3万円、さらに追加請求費用無しの司法書士事務所に私自身の債務整理をお願いすることに致しました。

今回の債務整理に関する司法書士事務所選びは、私としてはうまくゆきました。東京都中央区の司法書士も地元福岡の司法書士もよいところはたくさんあると思います。自分自身の性格的特徴を踏まえ熱くならずにネットで検索することで正解に導くことができたようでした。