ホーム » 日記 » 初デートが一夜限りの体験談になってしまうこともある

初デートが一夜限りの体験談になってしまうこともある

インターネットを通じた出会いは、今や世界中で行われており、特に日本では出会い系サイトやマッチングアプリといったものを通しての出会いがとても多くなっています。最初はやや緊張しますし、リプライがあるのだろうか、どのように対応したらいいだろうか、またアプローチの仕方はどうすればいいのか、そんなことでドキドキしたりするものですが、そのうちに慣れてくると、自然に異性とやりとりができるようになったりするものです。とはいえ、そうした異性とのやりとりは、出会いまでいくケースと、単に数回だけのやりとりで終わってしまうケースがあります。自分の一方的な希望を言っても、相手が応じてくれなければ前に進むことができず、交際にまで発展しないことになります。

出会い系サイトを通じた出会いは、一回きりで終わってしまうこともあります。つまり1回出会うまではいったものの、その出会いだけで終わってしまったということです。そうした出会いがネット上では京都府舞鶴市でのセックス体験談として紹介されていたりします。その体験談を見ると、デートとして一緒に食事をしたものの、それ以上の関係にはならなかったというものや、ホテルに一緒に入ることができ、体を重ねることができたものの、もう一回また会おうという感じにはならずに、ワンナイトラブで終わってしまったという感じのものも多いです。

一夜限りというのは、やや寂しい気もしますが、すっきりとして、尾を引かないという面では良いのかもしれません。割り切った1回だけの関係であり、その後は一切合わないということになります。とはいえ、あとからどうして上手くいかなかったのか、自分としてはこのまま交際を続けたかったけど、自分を気に入ってもらえなかったということなのか、フィーリングが合わなかったのか、あるいは一夜を共にしてしまったことで、罪悪感を感じてしまったのか、などいろいろなことを考えてしまうことでしょう。

いずれにしても一夜限りだったわけですから、未練がましく思い出しても、前に進むわけではありません。次の恋を目指して、今度は一夜限りにならないように、ゆっくりと、焦らずアプローチしたいと思うことでしょう。