ホーム » プライベート » マッチングアプリのプロフィールの書き方のコツ

マッチングアプリのプロフィールの書き方のコツ

出会い系サイトを活用して出会いがあったという人がいる一方、出会いがなかったという人もいます。出会い系サイトと活用して女性との出会いを求めるなら、出会い系のプロフィール作成にコツがあります。

プロフィールには自己紹介文を必ず記載しますが、自己紹介文は、趣味、興味があること、休日の過ごし方など、無難なものにしましょう。長すぎれば重たい人だと思われてしまったり、読むことが嫌になってしまいます。しかし、短すぎればどのような人なのか伝わりません。そのため、文章のボリュームの目安は200文字から300文字程度です。

適度に顔文字や絵文字を入れると親しみやすさが生まれます。入れすぎると軽い人だと思われるので気をつけましょう。自己紹介文は女性が男性のことを知るための手がかりで重要なので、わかりやすいように記入することがポイントです。

プロフィール項目はすべて埋めるようにします。身長、年収、年齢はどのような出会い系サイトでも設けられていることが多い項目です。

実際よりもよく見せたいかもしれませんが、嘘を記載すると実際に会ったときにギャップが大きく、嘘がばれてしまいます。嘘に嘘を重ねることにもなりかねないので、本当のことを記載するようにしましょう。

初回デート費用について記載する項目が設けられていることもあります。この項目は「初回は男性がすべて支払う」と記入しておくと、女性に好印象を持ってもらいやすくなります。このように記載をしたのなら、実際デートをしたときには初回は男性側がデート費用をすべて支払うようにします。嘘をついてはいけません。

プロフィールを作成したら毎日ログインをします。出会い系サイトによっては、最終ログインの絞り込みがあり、ログインしない期間が長いとこれに引っかかってしまい、検索されにくくなる可能性があります。毎日ログインしていれば、その心配がありません。

「いいね」を送れる機能を使うこともおすすめです。いいねを男性側から送ると、それを見た女性からメッセージが届く可能性があります。無料で使えるいいね機能がある出会い系サイトが多いので試してみるとよいでしょう。メッセージを返すかは、その後で考えればよいです。