ホーム » 日記 » 備蓄品の賞味期限をチェックしてショック

備蓄品の賞味期限をチェックしてショック

たまには防災用の備蓄品をチェックしようと思って、保存食品を入れている箱を開けて確認してみたんです。防災用に売っている食品では無く、賞味期限が長いものを自分でこまめに選んで備蓄品にしていたので、まだ食べられるものばかりだろうと安心していたのですが、賞味期限が切れているものが意外と多くあってショックでした。

特にびっくりしたのが、サバの水煮缶が1年以上も前に賞味期限が切れていたことです。賞味期限はあくまでも美味しく食べられる目安だから、期限が切れても実際は食べられるものが多いとはいえ、さすがに1年以上過ぎていたら食べられないはずです。

恐る恐る缶を開けてみたら、汁の色が濃くなっているくらいでニオイは普通のサバ缶と変わらなかったのですが、お腹を壊したらダメなので勿体ないけど処分しました。缶詰が賞味期限切れなら他の備蓄食品も当然期限切れです。ウエットティッシュもカピカピになっていたので一緒に捨てました。少なくとも1年に1度は備蓄品をチェックしないとダメだと反省しました。